ビジネス脳タイプ診断

ビジネスに欠かせない「盲点をなくす力」

ビジネスに欠かせない「盲点をなくす力」

office-desk-small
こんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

ビジネスを成長させていく上で欠かせない力。

それは、盲点をなくす力。

例えば、
売上をアップさせたいとき
既存の知識・経験に頼りがちです。

売上=客数×客単価だから
客数を伸ばすか
客単価を上げれば良いという具合。

ところが実際にはそんなに単純ではありません。

売上アップというと
マーケティング・セールスの視点で見てしまいますが、
顧客とのコミュニケーションという視点が抜け落ちがち。

ひょっとすると、
商談の際に相手に“違和感”を与えてしまっていて
実力に見合わない成約率の低さになっているのかもしれない。

これは、売上を心理学の視点で見ると気づくことです。

このように今までの経験や知識が邪魔して「盲点」が生まれ
有効な策が打てずにいることはよくある現象です。

では、
「気づいていない(盲点)ことに気づく」には
どうすれば良いのか?

=============================

自社の「成功モデル」をつくる

=============================

最も有効なのは
自社の「成功モデル」をつくることです。

そうすれば、
たとえうまくいかないことがあっても
「成功モデル」の機能していない部分から逆算して、
『ここら辺に盲点がありそうだ』と気がつくことができます。

あとは、仮説を立てて現場で確かめるのみ。

そして、
「成功モデル」をつくることは
盲点に気づくというだけではなく

・次の成長段階に向けて打つべき手が明確に分かる

・キャッシュポイントが明確になる

・優良顧客とそうでない顧客の区別がはっきりする

・ミッションとビジネス活動の関係がよりはっきりして行動力が上がる

・ただ自分の商品を売りたいだけのコンサルタントたちからの情報に振り回されることを防ぐ

などのメリットに恵まれます。

つまり、
真剣にビジネスを成長させたい人にとっては
成功モデルづくり」は欠かせないテーマというわけです。

P.S.
月商5.3倍を実現した「専門家ビジネスの3つのコア」
無料メール講座にここから申し込む

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top