ビジネス脳タイプ診断

起業家として一番に重要視すべきこととは?

起業家として一番に重要視すべきこととは?

plasma-ball
こんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

起業家として一番に重要視すべきこととは何だと思いますか?

売上アップをして利益を残すこと?

お客様が喜んでもらえるような商品開発を続けること?

経営を仕組み化すること?

どれも違います。

一番に重要視すべきこととは
ミッションをブラッシュアップし続けることです。

====================================

ミッションは一度、掲げたら
お終いではない

====================================

私たち起業家が成長してビジネスが発展すると
見える景色(ビジョン)も変わっていきます。

すると、
ミッションと実際の行動との間にギャップが生まれます。

そうなったときが
ミッションを見直す時期です。

ちなみに、
私(高松)が最初に掲げていたミッションは
「自他の可能性を拡げる」でした。

そして、今のミッションは
「経済的・精神的豊かさを社会に広める
起業家のビジネスを成長スパイラルへ乗せる」

ミッションを見直すには
自分の強み市場・顧客の課題を改めて分析し直す必要があります。

ですから、
場合によってはビジネス戦略に大幅な修正が求められます。

私(高松)の個人的な体験でも
ミッションのブラッシュアップをきっかけに
ビジネス戦略が見直され、ビジネスが好転する
という体験を繰り返してきました。

おかげさまで今では
私のお客様は志が高く実力もある経営者ばかり。

それまでの顧客層とは一線を画する
優良顧客に恵まれるようになりました。

こうして改めて
ミッションをブラッシュアップする価値
について振り返って分かったことがあります。

それは、
ミッションをブラッシュアップするプロセスで
経験から得られた知恵と見識が整理され
視点がぐんと上がるということ。

さらに、
視点の上昇によって精神的余裕が生まれる
ということに気がつきました。

私はこのことに気がついた時、
「なるほど、先輩方(経営者)はこれの繰り返しで器を大きくされていったんだな」
と腑に落ちたことを今でも覚えています。

規模の大きい企業だと
めったにミッションをブラッシュアップできませんが

100名以下の規模であれば2〜3年に一回程度は
ブラッシュアップすることをお勧めします。

4年も5年もミッション・ステートメントが変わらない
ということは本質的な成長をしていないのと同じだからです。

====================================

掲げている「ミッション」を見れば
器(情報空間)の大きさがわかる

====================================

ミッションには起業家としての器の大きさが現れます。

また、
起業家の器の大きさは
起業家が扱える情報空間の広さに比例します。

ここで情報空間について簡単に説明します。

情報空間とは
頭の中にある情報を扱うスペースです。

情報空間が広くなると
より沢山の情報が扱えます。

また、
複数の視点で物事を捉えることが
できるようになります。

沢山の情報が扱えて、
複数の視点で物事を捉えられるようになると

情報空間が広くなった結果、
不都合な現実でも受け入れられるようになります。

そのような人が器が大きい人です。

また、
私たちは他人の情報空間に触って
確かめることはできませんが、

無意識では他人の情報空間を感じとっています。

大物からオーラのような大きなものを感じるのは
情報空間の大きさを無意識に感じ取っているからです。

面白いことに
敏感な人は直接、相手に会わなくても
文章からでも情報空間を感じることができます。

時々、書籍を読んで「この著者は大物だな」
と感じるのはそういうことです。

つまり、何が言いたいのかというと
ミッション・ステートメントから
人物としての器の大きさを測られ得るということ。

ですから、
他人の受け売りのようなミッション・ステートメント
を作ることだけは
絶対に避けたほうが良いのです。

ミッション・ステートメントを
自分の言葉で表現できないうちは
売上アップなどの小手先に注意を向けるのではなく、

自分の内面と向き合い
納得のいくミッションを見つけることの方がずっと重要です。

P.S.
月商5.3倍を実現した「専門家ビジネスの3つのコア」
無料メール講座にここから申し込む

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top