ビジネス脳タイプ診断

ビジネスは天秤

balance

こんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

私は幼い頃、天秤が好きでした。
天秤が美しく感じられたからです。

左右のさらに物をおいて
バランスがピッタリとれると
美しいと感じてました。

さて、
天秤と言えばバランスです。

小学校の理科の授業でもやりましたが

片方の皿に重さを測りたい物をおき
片方に測りのための重りを乗せる。

ちょうど、バランスがとれたとき
乗せた重りの重さを合計すると
測りたい物の重さがわかる。

実はこれ
ビジネスと本質は同じです。

お客様のニーズに応え続けると
事業内容がコロコロ変わる?

マーケティング・コンサルタントを名乗る方の多くが

「お客様のニーズに応え続けよ」
と主張します。

それは私も正しいと思いますが

中には、
「お客様のニーズに応え続ける人は
事業内容がコロコロ変わって当たり前」
と言う人がいます。

はっきり言ってそれは詭弁です。

ビジネスには〝ブランド〟があります。

ブランドとは
社会にとって価値ある魅力的な個性です。
ブランドは信頼をもたらします。

たとえば、
半年前はコンサルタントをしていた人が
今はセラピストをしている。

あなたは
そんなセラピストを信頼できますか?

なぜ事業内容がコロコロ変わる人たちがいるのか?

お客様のニーズに合わせると
事業内容がコロコロ変わる理由は
とても狭い市場でビジネスをしているからです。

たとえば、
メンバーが1000名程度のコミュニティで
仲間内で仕事を回すようなことをしていたら
1つの専門分野に絞っていては
すぐに仕事がなくなります。

ですから、
あれもできる・これもできると言って
とにかく売上を上げることが目的になっていきます。

そんな仕事の取り方をしていたら
専門性は深まらず
単なる〝御用聞き〟になってしまいます。

それは単なるアルバイトであり
事業ではありません。

ビジネスは天秤

ではアルバイトとビジネスの違いは何か?

その答えは〝天秤〟です。

ビジネスは絶対価値と相対価値のバランスで成り立ちます。

絶対価値とは、自社の価値観、自社の強み、自社のこだわりなどです。
相対価値とは、お客様や市場が持つ価値観やこだわり、ニーズです。

アルバイトは雇い主の言われたとおりに仕事をすることが求められます。
自分の価値観の主張ばかりしていたら雇ってもらえません。

ですから、
相対価値しか観ない仕事がアルバイトです。
専門性は深まらず、いつまでも安い仕事しかできません。

一方で、
絶対価値と相対価値のバランスがとれているのがビジネスです。

ところが、
ビジネスをしているつもりでも絶対価値にバランスが偏っている人を多く見かけます。

自分の世界観ばかりを大切にして
お客様の世界観を無視したり、見ようとしない人たちです。

言うまでもありませんが、
絶対価値ばかり重視していてはお客様は増えません。

売れている起業家はこのバランスの取り方が絶妙です。

しっかりと自分の価値観を大切にしながらも
お客様のニーズにしっかりと応えていく。

この絶対価値と相対価値のバランスをとっていくのがマーケティングの役割です。

バランスを意識してマーケティングをしていますか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top