ビジネス脳タイプ診断

起業家の言葉はダイヤモンドの原石

起業家の言葉はダイヤモンドの原石

diamond-1186139_640
こんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

世の中には、
もともと価値があるものでも
磨き方、磨く人次第で
価値が大きく変わってしまうものがあります。

それは
ダイヤモンドです。

実は私たち起業家が発する〝言葉〟は
ダイヤモンドと同じ性質を持ちます。

原石がいかに高品質でも
価値あるダイヤモンドになるとは
限らない

言うまでもなく、
ダイヤモンドの宝石としての価値は
〝美しさ〟で決まります。

大きさ(カラット)
カッティング
色(純度)など

様々な〝美〟の要素が定められており
これら総合評価で価値が決められます。

大きさや色は原石が元から持っているもの。

カッティングの美しさは
加工職人の腕前で決まります。

つまり、
原石がいかに良くても
職人の腕前で最終的な価値が決まります。

一方、
私たち起業家が発している〝言葉〟も

・深さ
・使われる文脈
・巧みさ
・発する人の人格

によって総合的に評価されます。

「この人、良いことを言っているのに
とても浅い感じがする。」

そういう印象を持たせる人もいますし

「言葉は少ないけど、
1つ1つの言葉が深い」
と感じさせる人もいます。

この事実は
人は、発する言葉で相手を無意識に評価することを意味しています。

使っている言葉(原石)がいくら良くても
それを加工(意味づけ)する本人(職人)次第で
言葉の価値が決まります。

〝言葉〟の深さは
どれだけ思考を積み重ねたか

相手を納得させ
相手に共感を呼び起こし
相手を動かす言葉をいえる人は

それだけ
思考を積み重ねてきた人です。

他人から借りてきた言葉は
自分の思考を積み重ねていたいので
どうしても浅く・軽くなります。

浅い・軽い人(思慮が浅い人)ばかりが
反応してしまいます。

誰もが深い言葉を持っている

もしかしたら、
「自分は浅い・軽い言葉しか持たないのでは…… 」
と少し心配になった方がいるかもしれません。

ですが、
安心してください。

常に深い言葉ばかりでは聴いている方が疲れますし

誰もが深い言葉を持っています。

ただ、
あなたは自分の深い言葉(人を動かす言葉)に気づいていないだけです。

そして、
もし起業家であるあなたが
自分の深い言葉を見つけてしまえば
一気に世界観がクリアーになり

お客様へ発信するメッセージに
影響力が増してきます。

あなたの深い言葉は何ですか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top