ビジネス脳タイプ診断

人は音叉である

人は音叉である

sound
こんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

先日、6名ほどで3時間ほど一緒に過ごす時間がありました。

とある講座なのですが
私は面白いことに気がつきました。

講師役の一人を除いて
全員が初対面。

参加者の住んでいるところはバラバラ。
東北から関西まで。
男性と女性が入り交じっています。

職業もバラバラ。
中には珍しく画家もいました。

つまり、
参加者全員がお互いに
日常では出会うことのないような人たちばかり。

私は彼ら彼女らと3時間ほど過ごし
面白い体験をしました。

その体験とはまさしく
人は音叉である
という体験。

人間には音叉と同じ能力がある

人には生まれつき優れた能力が
いくつか備わっています。

その一つが同調

同調とは
身の回りにいる人と感覚や感情が
お互いに近づいてくる能力です。

同調は肉体レベルで起こります。

たとえば、
隣の人があくびすると
つられて自分もあくびした経験はありませんか?

他には
長く一緒に住んでいるパートナーと
食べ物の好みや顔つきまで似てくる。

そうです。

私たちが感じている以上に
一緒にいる者どうしは
かなり影響を与え合っているのです。

ご存じのように
音叉は共鳴し合う性質があります。

音叉のように人間どうしも共振します。
実際は音叉よりも共振しやすい。

人間の身体は7割が水だからです。
特に血液や脳脊髄液は
身体機能や脳の働きに多大な影響を与えます。

音叉は音によって共振しますが
人は言語パターンによって共振=同調が起こります。

言語パターンが似ると思考・感情まで似る

ちなみに
講座では講師が話す時間が大半で
メンバー同士で話す時間はほぼありませんでした。

ただ、
参加者が講師に話しかけることは
何度もありました。

そこで、
私は一つのことに気がつきました。

自分を含めて全員の言語パターンが
講師のある言語パターンと同じになっている。

これは同調が起こったことを示していました。

もう一つ面白いことに気がつきました。

参加者の何人かが、
講師の笑い方に似てきたのです。

笑い方は
ふふふ………
ははは………
わっはっは………と様々だったのが

ははははは!という感じになっていきました。

ちなみに、
笑い方は話し方と違って
意識したところでなかなか変えられるものではありません。

直接的な感情表現だからです。

また、一般にはたった3時間で
笑い方まで同調することは起こりにくい。

今回は特に感性が磨かれた参加者が多かったのと
講師の影響力が強かったから
起きた現象かもしれません。

人は自分が思っている以上に周りと同調する

この出来事が示したことは
「人は自分が思っている以上に周りと同調する」
ということ。

特にその場で影響力がある人に同調していきます。

周囲の人の笑い方まで変えてしまうほど
深く影響を与えられるのであれば
これを使わない手はない。

言語パターンには
力を発揮やすくする言語パターンと
力を抑制するものがあります。

言語パターンを意識して変えれば
あなたの周りの人たちも
どんどん力を発揮してくれるようになり
あなたのビジネスはどんどん良くなります。

あなたは力を発揮しやすくする言語パターンを使っていますか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top