ビジネス脳タイプ診断

成長著しい経営者の秘密は脳の使い方にある

成長著しい経営者の秘密は脳の使い方にある

up_business
こんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

伸び悩む経営者と
成長著しい経営者の違いとは

私は社員5人の小規模企業から
社員1万人超の大企業まで
沢山の社長と接してきました。

1,000人ほどでしょうか。

そのうち、長期間お付き合いしたのは
100名ほど。

100名のうちコンサルしていて
伸び悩む社長も成長著しい社長もいました。

正直、両者の知識・スキルの差は
あまり感じませんでした。

ところが、
変革力〟という点においては
明らかな差が見られました。

伸び悩む社長は
収益が一度安定すると
自分の世界観を広げようとしません。

ですから、
改善には取り組んでも
変革には興味がありません。

変革とはいまある世界観を壊し
進化させていくことでもあります。
現代は変革を避ける者には厳しい時代です。

マウスイヤーと言われるように
半年も経たないうちに
ガラッと状況が変わります。

改善だけではもはや安定成長は不可能。

絶えずやってくる変革の波に
対応できる力が欠かせません。

にもかかわらず、
伸び悩む社長は変革を畏れて
避けようとします。

これでは上手くいかなくて当然。

せっかく改善で積み上げた基盤も
数年もせずに劣化して
再び不安定化してしまいます。

一方、
成長著しい社長は収益に関係なく
自分の世界観を進化させることに積極的。

日々の改善は当然のこと
変革の波が来ても
それをスッと受け入れてしまいます。

この両者の違いを生んでいるのは
一体、何なのでしょう?

実は
脳の使い方が根本的に違うのです。

根本的な違いを生み出すのは
マインドセットを進化させる脳の使い方

ノウハウ・テクニックが日進月歩なのに
マインドセットが旧いままでは
上手く行かないのは当然です。

しかも、
成果の8割はマインドセットが決めます。

高額のマーケティング講座を受けても
マネジメントスクールに通っても
高度な資格を取得しても
あまり変化がないのは
マインドセットが進化していないから。

伸び悩む社長が世界観を広げられないのは
マインドセットを進化させる脳の使い方
を知らないからです。

マインドセットが進化すれば
体験から今までよりも高い価値を得て
しかも、すぐに行動に反映できます。

すると、
世界観を広げること=成長
という方程式が成り立つようになり
世界観を広げることが恐れから喜びに変わる。

結果、
変革力が高まります。

あなたは
マインドセットを進化させる
脳の使い方ができていますか?

P.S.
「1秒・瞬間マインドセット」セミナーで
マインドセットを進化させる脳の使い方を
手に入れられます。

詳しくはここをクリック

Return Top