ビジネス脳タイプ診断

道を拓く起業家と行動が停滞する起業家

道を拓く起業家と行動が停滞する起業家

こんにちは!高松です。

道を拓く起業家は
ポジションを着実に上げ続け
優良なお客様がどんどん集まってきます。

ところが、

行動が停滞する起業家は
いつまでも同じ問題に悩み
後ろから来たライバルに
ビュンビュンと追い抜かれます。

今まで学ぶ時間を共にし
同じことを学んでいたはずなのに

ライバルはどんどん躍進し
気がつけば
自分のずっと先を走っていて
姿が見えないまでになっています。

そして、

いつまでも変わらない状況や
後から出て来た起業家たちに
置い抜かれる自分に自信を無くし

『何で私はいつまでもこうなんだろう』

と、いらだちと自己嫌悪に沈みます。

すると、

さらに行動意欲が失われ
売上がズルズルと落ちていきます。

そして、

『自分はビジネスに向いてないのでは』

という心の声が聞こえてきます。

すると、

仕事のことを考えることが嫌になり

『私はそもそも何がやりたかったのか』

と心の深い闇底へと落ちていきます。

一度、こうなってしまうと
先が見えない不安から
エセ霊能者やエセ占い師に
引っかかりやすくなります。

実際、このようなプロセスで
大切な時間と多額のお金を
その詐欺師たちに貢いでしまい
破産する起業家の話をよく耳にします。

ここで、

道を拓く起業家との違いは何か?と
あなたは疑問に思ったでしょうから
端的にお伝えすると、

その違いとは「“意図”の明瞭さ」です。

このように聞いても
『よくわからない』
とあなたは頭を抱えたかもしれないので
もう少し詳しく話します。

“意図”は脳の上手な使い方の要です。

人間の脳は

・生命の脳
・感情の脳
・理性の脳

の三層が重なって
一つの脳として働いています。

この三つのうち理性の脳が
脳全体に指令を出します。

つまり、

頭で意図したとおりに
感情が起こり、行動が生まれます。

ところが、

多くの人は意図が曖昧なまま
行動しようとするので

周囲から入る無駄な情報を脳が捉え
目的と関係ないことばかり
考えてしまうので

脳は混沌とした指令を
脳全体へ送ってしまいます。

すると、

行動まで混沌とするので
ビジネスで高い成果を生み出すのが
非常に困難になります。

これでは、
上手くいかなくて当たり前です。

では、打開策は何かというと
一つひとつの行動に
明確な意図を持たせることです。

道を拓く起業家は
一つひとつの行動に
明確な意図を持たせるので

理性の脳からの指令が
目的にフォーカスした
シンプルなものになります。

すると、

スッと身体が動いて
行動が停滞することがありません。

つまり、

意図を明確に持たせるだけで
行動の質と量が自然に上がるのです。

もし、あなたが
いつまでも解決できない問題
に悩んでいるなら

意図を明確にすることから
始めてください。

すると、

今まで何で解決できなかったんだろう?
と不思議に思うくらい
上手くいくことが増えてくるでしょう。

Return Top