ビジネス脳タイプ診断

上位20%に入るための「不満の法則」

上位20%に入るための「不満の法則」

こんにちは!高松です。

あなたは現状に満足していますか?

だとしたら、あなたは
8割の確率で負け組に入っています。

これをパレートの法則といいます。

パレートの法則とは
あらゆるものは上位20%と下位80%
に分かれるというものです。

例えば、
会社の利益の80%は
上位20%の優良顧客がもたらします。

そして、

優良顧客は常に
より良い商品を求めています。

つまり、満足することがないから
リピートし続けるのです。

ですから、
不満をなくしてしまうと
リピートされず売上が落ちてしまいます。

これと同じで
私たち自身も満足してしまうと
当たり前のように下位80%に入ります。

ここで下位80%というと
「満足なら悪くないのでは?」
と思うかもしれませんがそうではありません。

今の日本では格差が急速に拡大し
中流は日本から消滅しつつあります。

つまり、
下位80%は貧困で
上位80%は富裕層という
法則どおりの分布になりつつあります。

しかも、恐ろしいことに
一度、下位80%に入ると
なかなか抜けられません。

これは意外なことのように思われますが、
下位80%でいることは
心地が良いからです。

ここであなたは
「え?どうして?」と
驚いたかもしれません。

そこで、
なぜ、下位80%にいることが
なぜ心地よいのかをもう少し説明します。

下位80%にいる人たちは
欲しいものに手を伸ばさない人たちです。

なぜ、手を伸ばさないのかというと
手を伸ばすよりも
現状に満足する方が楽だからです。

もし、手を伸ばして
手に入らなかったらどうしよう。

もし、手を伸ばして
周りからねたまれたらどうしよう。

もし、手を伸ばして
手に入れられないダメな自分を
知ってしまったら辛い。

深層心理ではこのように
自己保身をしてしまうのです。

ただ、上位20%の人たちは
常に“健全な不満”を抱えています。

なぜなら、

欲しいけどまだ手に入れていないもの
に向かっているからです。

安心感を求めるならば
まずは不安と向き合うこと。

強くなりたいなら
自分の弱さを知ること。

稼ぎたければ
まずはお金を使うこと。

上位20%の人は
常に欲しい結果の逆からスタートします。

もし、上位20%に入りたければ
欲しい結果の真逆を探してみてください。

Return Top