ビジネス脳タイプ診断

変われない自分を卒業する「恐怖の逆利用効果」

変われない自分を卒業する「恐怖の逆利用効果」

こんにちは!高松です。

街中で石を投げれば
「変わりたいけど、変われない。」
という人に当たるくらい

自分を変えられない葛藤に苦しむ人は
あちこちにあふれていますが、

変われない理由は
行動できないことです。

なぜなら、
行動すれば結果はどうあれ
必ず発見があります。

その発見をもとに
試行錯誤を繰り返せば
必ずゴールにたどり着きます。

これは誰もが否定できない
当たり前のことですが

「どうして行動できないの?」
と多くの人が自分に疑問を持ちます。

そして、

行動できない自分にイラつき
「今日もできなかった」と
くやしい思いをかみしめ一日を終えます。

そこで、そんな自分を変えようと
自己啓発セミナーに通う人もいますが

1,500円の書籍で読んだことを
右から左へ流しているだけのエセ講師に

「願望を紙に書きだしなさい」
と言われたことを鵜呑みにしてしまいます。

もちろん、
書き出した願望が叶うことは
ほとんどありません。

その理由は、聡明なあなたなら
既にお気づきのように

行動を伴わない
願望は叶うことはないからです。

ただ、願望を次々と叶える起業家は
恐怖の力を上手に利用して
自分の内から行動力を引き出します。

ここで「恐怖の力って何?」
とあなたはピンと来なかったかもしれないので
心理・脳科学の観点から説明します。

ポジティヴ情報よりもネガティヴ情報の方が
インパクトが強いことが分かっています。

その差は7倍。

人間はネガティヴ情報に敏感だからこそ
猛獣があちこちにいる自然界で
生き残ってこられたのです。

ネガティヴ情報のうち
最も強いのが恐怖です。

つまり、
恐怖の力を使えば行動力が7倍高まるのです。

願いを本当に叶える人たちは
「もし叶わなかったら、何を失うのか?」
という問いかけを自らにして
失う恐怖の力を行動に変えます。

もし、あなたが自分に行動力が足りない
と思っているなら、
失う恐怖を活用すると良いでしょう。

Return Top