ビジネス脳タイプ診断

ヒーローになるな!助っ人になれ!

ヒーローになるな!助っ人になれ!

heroこんにちは!
ビジネスプロファイラー高松です。

「売れたい」と言いながら
本音では“目立ちたいだけ”の起業家

「売れるためにあえて目立つ」選択をしている起業家
との違いは明確です。

インターネット
テレビCM
看板
チラシなどを見ていると
目立ちたいだけの起業家・企業が意外に多い。

例えば、
自分を「ゴッドハンド」と称する治療家
肩書きが「○○博士」のセミナー講師
「業界トップブランド」と主張する企業

このような自画自賛系メッセージは
単に自分が目立ちたいだけという
心理がはっきりと現れています。

このようなメッセージは
見込み客を置き去りにし、

顧客獲得コストを跳ね上げ
売上を低迷させます。
==================================

ヒーローになるな!
助っ人になれ!

==================================
自画自賛系のメッセージは、
どうしても見込み客が不在になります。

見込み客の心を動かしたければ
メッセージに見込み客を登場させる必要があります。

例えば、
感動話が大好きな起業家は要注意です。

「事故の後遺症でサラリーマンとして
働けなくなったけど、
起業して大成功しました!」

なんて話は感動的かもしれませんが
「それはよかったね」で終わり。

メッセージの受け手に
どうなって欲しいのか
結局、何を伝えたいのかが伝わりません。

このように
自分がヒーローになると
自己完結の物語で終わってしまう。

見込み客の心をつかみたければ
自分がヒーローになるのではなく
見込み客の“助っ人”になる必要があります。

==================================

見込み客の“助っ人”になる
3つの条件

==================================

見込み客の助っ人になる条件は
とてもシンプルです。

【条件1】
見込み客の人物像を描写する

【条件2】
見込み客の課題・ニーズに焦点を当てる

【条件3】
課題解決後のビジョンを示すこと

わかりやすくするために
これら3つの条件を満たすメッセージ例を挙げます。

「セールス苦手な起業家が
見込み客の心をつかむ企画を
ささっと作れるになり
売り込みゼロで
月商500万円になる企画術」

分解すると・・・

見込み客の人物像
「セールス苦手な起業家」

見込み客の課題・ニーズ
見込み客の心をつかむ企画を
ささっと作れるになる

課題解決後のビジョン
売り込みゼロで月商500万円

どうでしょう?
こんな企画術を教えてくれる助っ人が
現れたら、頼ってしまいませんか?

==================================

やっぱり顧客調査は必須

==================================

自分をヒーローにしてしまう起業家は
顧客調査をしていません。

結果、
訴求点がわからないので
自分の成功体験をウリにするしか
なくなります。

見込み客の心をつかむメッセージ
設計するには

やっぱり顧客調査は欠かせないのです。

==================================

顧客調査にはコツがある

==================================

あなたは顧客調査に
どんなイメージを持っていますか?

・難しそう

・多額の費用がかかりそう

・調査しても役に立てられなさそう

もし、
こういったイメージを持っていたとしても
安心してください。

顧客調査はあなたが思っているような
難しいものでも
多額の費用がかかるものでも
役に立てるには高度なスキルが必要でもありません。

この簡単な顧客調査のコツを身につけたことで
月商を5.3倍にした起業家

優良顧客をつかみ、
売上3.2倍を実現した治療院経営者
などがいます。

長くなってきましたので
顧客調査のコツについては
別の機会にお伝えします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top